マウスシールド写真①

感染症・熱中症対策に

工事現場用 マウスシールド

鼻と口を覆う透明フィルムをヘルメット紐に留めるタイプのシールドです。

マウスシールド②

通常のマスクのように鼻や口に密着しない為、息苦しさや汗により蒸れを感じることなく、飛沫感染の予防効果を高めることが出来ます!
夏季における作業場での通常マスクを使用した場合の、マスク熱中症リスクを軽減させるとともに作業効率を維持する目的で企画いたしました。

商品概要
サイズ 約W380×H135mm
厚み 約0.3mm
素材 本体:透明PET、ボタン:ポリアセタール(エンジニアリング・プラスチック)
重量 約13g

ウイルス感染を完全に防止するものではありません。あくまでも予防策としてご使用ください。
再利用する場合はアルコール消毒を実施してください。
強い衝撃を与えないでください。破損の原因になります。
難燃性素材を使用していますが、火気に近づけると変形するおそれがあります。
曇りなど気になる場合は市販の曇り止めなど活用してください。
特許出願中 大林道路(株)、(株)ラミーコーポレーション
※特許出願中の商品ではありますが最近弊社グループの図面を含む特許に抵触する商品が出ておりますのでご注意下さい。

おかげさまで多くのメディアにて取り上げていただき大変好評の商品となっております。
すでに国内では約15万個以上の販売実績商品となっております。
この度より多くのお客様にご紹介いたしたく、こちらに掲載いたしました。

マウスシールドの誕生と特徴

昨今、高い感染力・重篤な症状を引き起こす『新型コロナウイルス』の蔓延により、飲食品を扱う従事者や医療従事者のみならず、建設現場を含む製造業で働く作業員同士の飛沫感性を防止することが課題となっておりました。
しかしながら、作業用のヘルメット(保護帽)に装着する保護カバーは、装置構成が複雑で、作業用の保護帽に容易に取り付けることができない事が多く、さらに夏場の猛暑の環境下では、顔面全体を覆ってしまうことから、一般的な不織布のマスクを着けていましたが暑くなるにつれて熱中症の症例が出始め夏の熱中症対策と新型コロナウィルスの対策を同時に行う必要性が出てきました。
そこで、作業用のヘルメット(保護帽)に取り付け飛沫の拡散を抑制できるこの『マウスシールド』が誕生しました。
大林道路となんども試作を重ね色々な試作品を作り耳の部分に引っ掛けるタイプ・マジックテープで止めるタイプなど作っては改良を繰り返し現在の形にたどり着きました。

取り付けは簡単です。

 

幻に終わったマウスシールド試作品

マウスシールド試作品①

マウスシールド試作品

マウスシールド試作品②

マウスシールド試作品(取り付けイメージ)

これは現在は若干仕様を変え『スマイルマスク』の名称で販売しております。